高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」|高野町【いいお墓-永代供養墓版-】

いいお墓 -永代供養版- いいお墓 お客様センター

こうやさん おくのいん えいたいくようぼ ぶっしゃりほうとう

高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」

  • >永代供養墓
  • >納骨堂
  • 宗教不問
所在地
和歌山県伊都郡高野町高野山 別格本山持明院内
交通
アクセス
▼南海高野線「極楽橋駅」より
 →南海ケーブル:「極楽橋駅」---(所要5分)---「高野山駅」
 →南海バス:「高野山駅」---(所要20分)---「奥の院前」下車 徒歩約3分
▼南海ケーブル「高野山駅」よりタクシーで約10分
▽大阪→(310号・371号経由)→橋本→(高野山道路経由)→高野山

【大阪方面より】
阪神高速道路松原線から阪和自動車道経由、南阪奈自動車道「羽曳野」で下り、
国道170号線を通って河内長野へ、国道371号線で橋本方面

【名古屋方面より】
東名阪道から名阪国道に入り、郡山ICから国道24号線で橋本方面

【橋本市から高野山まで】
橋本市から国道370号線で九度山方面に向かう。
九度山から花坂交差点(三叉路)を国道480号線(西高野街道)に向かうと高野山へ入る

※橋本市からの所要時間:約1時間
  • 区画概要
  • 周辺環境・アクセス
  • 佛舎利宝塔

  • 繰り出し位牌

  • 五輪塔供養

  • 冥福五輪塔

  • 持明院

弘法大師空海が開いた日本仏教の聖地、霊峰高野山奥の院

永代供養は単なるお墓の購入ではありません。

持明院の僧が、毎日の御回向、春、秋の彼岸法要、孟蘭盆会、ご命日、年忌の法要を行ない、私たちの現世と来世の心の安息を願い、幸福を護り続けるために永遠に日々、年々、絶えることなくお祈りいたします。

仏舎利宝塔は、高祖弘法大師、ご入定千百五十年を記念して建立いたしました。

宝塔には高祖ご入唐の折にご請来された釈迦の御遺骨を奉安しております。

価格表

初期費用
管理費
備考

500,000円〜3,000,000円

0円

区画概要

区画名

高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」

形態

[永代供養墓] [納骨堂]

遺骨安置方法

利用条件

利用期間

法要依頼先

高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」は宗教不問の寺院霊園で、和歌山県の方に利用されているお墓です。常駐の管理人さんがいるので、日頃のお墓の清掃も安心してお任せできます。有名な方が供養されている霊園としても知られています。鋼索線の極楽橋駅を利用されている方が多いです。

高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」(高野町)の現地見学をおすすめします

高野町の霊園である高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」をご検討されている方は、お墓の見学をオススメいたします。 お墓の上手な選び方として「霊園の写真や資料請求だけで判断しない」「霊園見学でお墓の雰囲気をしっかり感じる」ことが挙げられます。 霊園の中の区画や、霊園内の施設などによって、お墓の印象は大きく変わります。 ですので、現地見学で今後の供養イメージをしっかり持っていただくことを推奨させていただいております。 高野山 奥の院 永代供養墓「佛舎利宝塔」へのアクセス方法は、ページ内「交通アクセス」エリアをご確認ください。

地図・アクセス

交通アクセス
○電車・バス・徒歩【交通案内】
▼南海高野線「極楽橋駅」より
 →南海ケーブル:「極楽橋駅」---(所要5分)---「高野山駅」
 →南海バス:「高野山駅」---(所要20分)---「奥の院前」下車 徒歩約3分
▼南海ケーブル「高野山駅」よりタクシーで約10分
○車【交通案内】
▽大阪→(310号・371号経由)→橋本→(高野山道路経由)→高野山

【大阪方面より】
阪神高速道路松原線から阪和自動車道経由、南阪奈自動車道「羽曳野」で下り、
国道170号線を通って河内長野へ、国道371号線で橋本方面

【名古屋方面より】
東名阪道から名阪国道に入り、郡山ICから国道24号線で橋本方面

【橋本市から高野山まで】
橋本市から国道370号線で九度山方面に向かう。
九度山から花坂交差点(三叉路)を国道480号線(西高野街道)に向かうと高野山へ入る

※橋本市からの所要時間:約1時間

近隣のおすすめ区画一覧

高野町のお墓をもっと探す

高野町の届け出等の区役所情報      高野町の納骨堂の情報      高野町の寺院墓地の情報     

東証一部上場 「いいお墓-永代供養墓版-」は、日本最大級のお墓総合ポータルサイト、「いいお墓」の姉妹サイトです。
「いいお墓-永代供養墓版-」ならびに、「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

サイト利用の注意事項